ホーム > 測量調査部門

測量調査部門

近年公共測量においては、業務内容も多岐にわたり法改正等により複雑で手間のかかる業務が増えてきました。
トータルステーション等の測定機器の進化、GPSをはじめとする高度な技術の導入による迅速な測量、
高精度かつ高品質な成果品の提供が求められています。
私たちは、豊富な知識と経験をもとに高い技術力で地域社会のニーズに応えます。

測量・調査業務の内容

業務一覧

GNSS測量

GNSS測量

人工衛星から発せられる測位等の情報を持つ電波を受信する事により、受信点の座標や受信点間の相対的な位置関係を高精度で求める事が出来ます。カーナビゲーションや携帯電話の位置情報システムなど、身近にも広く使われています。このGPSを測量に使うことで、高速かつ高精度な測量が可能となります。

水準測量

水準測量

2点以上の地点間の比高を求める測量方法です。観測方法によって「直接水準測量」、「間接水準測量」などがありますが、通常は、レベルと標尺を用いる「直接水準測量」のことをいいます。

数値地形測量

数値地形測量

土地の起伏の状況や、自然物及び人工物の位置と形状をデジタル形式で測定・取得し、数値地図(DM)データファイル及び地形図を作成する作業のことです。TS地形測量、デジタルマッピング(DM)、マップデジタイズ(MD)に分類されます。

RTK

RTK

高速デジタル無線通信により、受信した全てのGNSS衛星のデータを送信できます。GNSSの受信機能をフルに活用した快適なRTK観測が可能です。
また、防塵防水性能JIS保護等級IP67に準拠していますので、現場環境に左右されず安心して観測が行えます。

3D

3D

地上型3次元レーザースキャナを使用した、非接触の形状計測システムです。従来はプリズムを使用したトータルステーションによる計測で対応していましたが、本技術の活用によりプリズムが不要で作業が行えます。
3次元データの活用により、計測時間短縮や省力化の向上が図れ、土木現場における測量・測設作業が効率化できます。

業務関連リンク

測量調査部門

身近に使われている位置情報システム等を使う事により、高速かつ高精度な測量を実施します。

測量調査部門

土木・設計部門

用地取得のための土地調査、物件調査等、施工管理・補償業務まで的確に対応します。

土木・設計部門

補償調査部門

用地取得のための土地調査、物件調査等、施工管理・補償業務まで的確に対応します。

補償調査部門

技術調査部門

高い技術力をもとに鉄筋コンクリートや鉄骨などの健常調査と健全性評価のお手伝いをいたします。

技術調査部門

Page Top